医師の私が小さな病院の求人に応募した理由

医師の世界の理想と現実

転職 時期 医師 民間医局が選ばれる理由| 【民間医局】

医師の世界の理想と現実 / 次の職場を探すことに / 割り切って働くことが大切

医師の世界はよくテレビドラマの舞台にもなります。
ドラマの世界のすべてが現実とは言えませんが、確かにドラマの題材になるだけの理由はあると思えるほど、とても閉鎖的な組織です。
私は大手の総合病院でそれなりの収入と地位を得た場所で働いていました。
仕事はとても忙しく体が悲鳴をあげるときもありましたが、高い志とやりがいをもって日々患者と向き合っていました。
そんな私がある日我慢の限界を迎えて、退職を決意するのです。
最も大きな理由は医療方針について上層部と意見が食い違ったことにあります。
私は人の命を扱う医師の仕事というのは、何よりも現場の声というのが一番大切だと思っていました。
もちろん病院も経営がありますので目をつぶるところは妥協しなければならないということも分かっています。

医師の求人に応募するには専門のコンサルタントを頼ろう

私は外科の専門医として長年ひとつの病院に勤めていました。
ところがどのような事情かわかりませんが、ある時経営方針が変わって、運営の責任者もがらりと変わってしまいました。
そこで起きたトラブルは内科の人員不足でした。
それまで内科をまとめていた上層部の人間が何かしらの不祥事を招いたらしく、新しい運営責任者の逆鱗に触れたそうです。
よって内科のチームへの締め付けが強くなり、辞めてしまったり独立していく人間が多く現れたのです。
医師不足と言うとは病院にとって死活問題です。
私は外科の専門医であったにもかかわらず内科の仕事にも駆り出されるようになりました。
仕事がこなせないというわけではありませんでしたが、病院の経営そのものに不信感を抱くと、その悪影響は少なからず患者にも伝わってしまうと考え、大きなミスを起こしてしまう前に、自分の力が存分に発揮できる別の病院への転職を決意しました。

医局人事で紹介される病院はどれも似たり寄ったりなものでした。
だからといって自分で開業しようという意思も生まれませんでした。
独立開業してしまうと、医師の仕事とは関係のない金銭管理や、労務状況の把握など、医療以外の分野に気を配らなければなりません。
経営が軌道に乗っていればある程度自分の自由がきくかもしれませんが、トラブルが発生した段階で病院内のあり方ががらりと変わってしまうのを目の当たりにしているので、とてもそのような勇気は湧いてきませんでした。

そこで私はインターネットの人材紹介サイトに登録し、求人を探すことにしました。
医師の仕事が忙しいというのはある程度覚悟をしていたことですので、せめて今度は自宅の近くの病院に勤めたいと考えるようになっていました。
民間が運営しているインターネットのサイトは、細かな部分まで要望を出すことができ大変参考になる情報をたくさん手に入れることができました。
しばらくして働きたいと思う病院をいくつかピックアップすることができるようになりました。
最初は紹介会社に応募して担当のスタッフに促される通りに転職活動を行っていましたが、ある時に最も自分の条件に適した病院が見つかったのです。
しかしそこの求人募集は既に終わっていて、私は落胆してしまいました。
しかしその病院の情報をインターネットでみてみた時に、自分の知っている人間がスタッフとして働いていることが分かりました。
私はすぐに紹介会社にコネがあることを伝えました。
紹介会社の方も人材が採用されるというのは自社の実績に影響しますので、懸命に動いてくれました。
おかげであるはずのなかったもう1枠の求人を作ってくれることとなり、簡単な面接と審査を経て、私は晴れて新しい病院で外科医としての腕を振るうことができるようになりました。

自分自身だけの力で求人を探していたら今の病院では働けなかったことでしょう。
医局にも様々な思惑がありますので、言うとおりに行動していたら自分の望みは受け入れてもらえないことが多々あります。
民間の紹介会社には経験豊富なコンサルタントがスタッフとして担当していて、様々なケースの転職の理由を見聞きし、サポートを行ってきていますので、ある意味では内部で働く医師よりも、病院の人事に詳しかったりします。

患者の命を扱う仕事であるからこそ、職場環境というのはできるだけ自分に適した場所でなければいけません。
忙しい業務を押し付け合うような病院では、いつか大きな事故を起こしてしまうでしょう。
チームワークを大切にし、健全なシステムの中で仕事ができることこそが、患者を大切にできる病院だと考えます。
医師の求人に応募する際はぜひ、内部の人間だけでなく、外部のコンサルタントに相談してみることをおすすめします。